急な出費でお金がピンチになってしまった時、カードローンなどの借入は便利ですよね。でも、借入を利用する時に返済のことやカードローン会社選びなど、色々不安を感じている方も多いのではないでしょうか。今回は安心して借入を利用するために知っておきたいことを、色々と紹介するので借入前にチェックしてくださいね。

借入の基礎知識

金利によって返済額はこんなに変わる!

住宅ローンの借り入れをする時は、基礎知識として3つの金利のタイプがあります。変動金利タイプは返済の途中でも金融情勢の変化に伴い、定期的に金利が変動するものです。一定期間固定タイプは一定期間だけで、…

> read more

借入する時に知っておきたい総量規制!

総量規制とは、個人の借入総額が年収の3分の1以上を超えてはならないという賃金法のルールで、消費者金融からの借入や信販会社からの借入、クレジットカード会社からの借入がこれに含まれます。総量規制の法律…

> read more

借り入れするのに保証人は必要?

大手消費者金融や銀行のカードローンなら不要

消費者金融や銀行のカードローンに申し込むにあたって、基本的に保証人は必要ありません。個人向けの大手貸金業者は担保も保証人も不要で、使い道は自由という名目のフリーローンで借り入れ希望者を募っているからです。したがって、借り入れを申し込む前に親や親戚などに保証人になってほしいと頼む必要はありません。 ただ、いくつかのケースで保証人をつけるようにいってくる場合があります。まず、申込者が既に複数の貸金業者からお金を借りている場合です。一社や二社程度ならまずありませんが、借入件数が多ければ多いほど保証人を要求される確率は高くなります。こういったケースでは無理して保証人をつけても、結局、借りられるのは10万円程度ということも珍しくありません。

街金に申し込んだ場合は保証人を求められる可能性がある

借り入れ申込先が大手消費者金融や銀行ではなく、街金とよばれる小規模の業者の場合も保証人を求められることがあります。街金は大手消費者金融や銀行のように従業員がたくさんいるわけではなく、もし貸したお金を返してもらえないと少ない従業員で取り立てを行わなければならず、コスト的に大変だからです。保証人がいれば、請求先を保証人に切り替えればいいですし、回収不能になってしまう可能性も減らせます。 個人からお金を借りようとする場合は保証人だけではなく担保もつけるようにいわれるかもしれません。個人が人に貸したお金を回収するのは相当難しいからです。もし、借りた人がお金を返さなかった場合は当然、個人の債権者であっても保証人から取り立てることが可能ですし、裁判を起こして最終的に家や車を差し押さえることもできます。

借入業者の選び方

無利息期間がある業者はお得

お得にローンを利用するコツは、利息を減らすことにあります。無利息期間がある業者では初回借入のキャンペーンとして30日間などの無利息融資をしてくれます。契約から30日間は何度借入・返済を繰り返しても…

> read more

色々な返済方法が選べる業者が便利!

どうしても生活や事業のために、今の手持ちのお金以上にお金が必要な場合があります。こうした時にただ悶々と悩み続けてしまうことは、ただの時間の無駄になってしまいます。場合によってはその場を切り抜けるた…

> read more

すぐにお金が必要なら即日融資可能な業者を選ぼう!

できれば数時間以内、少なくとも今日中に貸金業者からお金を借りたいというのであれば、即日融資が可能な業者に申し込む必要があります。貸金業者のCMを見ていると申し込めばすぐにでも貸してくれるようなイメ…

> read more